中国語学習

【中国語】HSK6級のオススメ勉強方法と参考書について。中国語なんて2年あれば余裕?

 こんにちは、げんぼーです。今回は中国語を勉強されている方は必ず知っているHSKについての記事です。HSKには1級から6級まであり、最高難易度である6級の取得を目指している方は多いと思います。私は2年前に中国語の勉強を始めたのですが、1年間の台湾留学も経てHSK6級に222点で合格することができました!

【内訳… 听力74, 阅读84, 写作64】

(目標は8割の240点だったのですが…)

 まだまだ自分も力不足ではありますが、今回はHSK6級取得に向けてのオススメの勉強方法など役に立つ情報を提供できたらと思います。

HSKについて

 この記事を読んでくださっている方はもうご存知の方が多いと思いますが、改めて中検とHSKは何が違うの?とよく聞かれるのでお答えします。

 中検は日本が独自に作っている中国語のテストで、準4級から1級(1級が最も難しい)HSKは中国政府公認の世界共通の中国語のテストで、1級から6級(6級が最も難しい)

 また、5級と6級の差は非常に大きいと感じます。

 ちなみに、中検の1級はネイティブでも合格するのが難しく、HSK6級よりも遥かに難しいです。そのため、中検1級を持っている人は本当にすごいと思います!私もいつかは取れたらいいなと思っています!

 さて、大前提としてHSK5級と6級は以前までの制度とは変わり、合格か不合格かではなく、得点がどれだけ取れているかが重要視されています。ただ、一般的に6割の180点を取ればHSK5級と6級を「所持している」と言うことができます。

 しかし、6級で180点を取ることはそこまで難しくはないと思います。というのも、確かに問題はとても難しいですが、選択肢がそこまでトリッキーではなく、何より日本人には漢字が読めるという最大級のアドバンテージがありますので、リーディングパートで点数を稼げるからです。

 もっと言えば、仮にリスニングが40点でリーディングが80点、ライティングが60点でも平均が60点なので合格なのです。ただリスニングが半分も分かっていないのに合格したと胸をはって言えるかどうかは個人次第ですが。

 そのため、特に力を入れて勉強するべきなのはリスニングです。6級のリスニングは非常に高度な語彙力を求められますし、成語も頻出です。しかもスピードは速い上に1回しか読まれません。

リスニング(听力)

 リスニングのオススメ勉強方法は、シャドーイングです。まずは公式の問題集を購入し、そのリスニング問題を解くのですが、ただ解いて終わりでは身にならないので、流れてくる音声に合わせて自分で読む練習をします。その際に、必ずスクリプトを確認して、このスクリプトに書かれている中国語が自然に読めるようになるまで繰り返し練習します。理由は簡単で、自分が読めない単語は絶対に聴き取れないからです。

 私は1つの文章を自然に口から出てくるようになるまで何度も繰り返して練習しました。大切なのは1日で一気にやろうとするのではなく、1日後、2日後、5日後、1週間後… と継続して復習することです。この根拠はエビングハウスの忘却曲線が有名です。(気になる方は調べてみてください!)

 また、HSK用の単語帳も発売されていますが、私は個人的に単語帳を使うのは好きではないです。なぜなら、単語をひたすら覚えるより実践の練習をしたほうが遥かに効率が良いからです。もっと言えば、問題集に出てきた分からない単語や表現だけを覚えれば良いのです。実際に、問題集で出てきた単語が本番に何個も出てきました!

 単語だけを覚えることを目的にしてしまうと、例えば単語が1000個載っている単語帳を覚えようとすると、その最中に必ず挫折してしまいます。(経験済みです)

 さらに、「単語を覚えないと…」 という焦りを感じてしまい、問題集を解く時間が作りにくくなってしまいます。

 仮に単語帳に載っている単語を全部覚えたとしても、単語だけを単体で覚えるよりも例文や実際の使い方を通して覚えたほうが身につきます。

 では、リスニングではどのような問題が出てくるのか、例題とその解き方を紹介します。

「作为一种世界闻名的机械益智玩具, 魔方不仅是孩子们的伙伴, 也是一种适合成人的休闲方式和竞技形式。再加上极富挑战性的竞速, 单拧, 盲拧等玩法, 魔方正受到越来越多的关注。」

選択肢

A 魔方深受人们的喜爱

B 魔方可以调节心情

C 益智玩具种类繁多

D 游戏能提高观察力

HSK6級公式過去問集より

 日本語訳

「世界的に有名な一種の機械知育玩具として、ルービックキューブは子供達の仲間であるだけでなく、一種の大人が使う娯楽や、競技にも適している。さらに、極めてチャレンジングなスピードルービックキューブや、片手キュービング、ブラインドキュービックなどの遊び方があり、ルービックキューブはますます多くの注目を集めている。」

選択肢→

A ルービックキューブは人々に深く愛されている

B ルービックキューブは気分を整えることができる

C 知育玩具の種類は多い

D ゲームは観察力を向上させることができる

この問題の答えはAです。

 選択肢はそこまで難しくはないのですが、これを1回で全て正確に聴き取ることは非常に難しいと思います。そのため、キーワードをしっかりと押さえることが大切です。

 「作为一种世界闻名的机械益智玩具, 魔方不仅是孩子们的伙伴, 也是一种适合成人的休闲方式竞技形式再加上极富挑战性的竞速, 单拧, 盲拧等玩法, 魔方正受到越来越多的关注。」

 特に赤でマークしたところは大切だと思います!

作为は〜として

不仅〜也は〜だけでなく〜も

〜和〜で並列の関係

再加上はそれに加えて

 もちろん全てが大事ですが、仮にこのリスニングのキーワードである「魔方(ルービックキューブ)」が分からなくても、簡単な文法をしっかりと聞き取ることで話の流れが掴みやすくなると思います。しかも魔方は選択肢に書かれています。

 例えば、不仅〜也と孩子们的伙伴が分かれば、自動的にその後に続くのは対比の関係になる文が来ることが分かります。このように文を推測するのです。

リーディングパート(阅读)

 続いてはリーディングパートです。先ほど日本人は漢字が読めるためアドバンテージがあると言いましたが、それでも対策は必要です。リーディングパートには鬼門があります。それははじめの10問で、文法上の誤りがあるものを選ぶという問題です。

 例題を紹介します。

请选出有语病的一项。

 A 许多看似平凡的事物却蕴藏了无限的奥秘。

 B 只有去过那儿的人, 才能真正体会到这种美妙的感觉。

 C 他在前言中系统地阐述了“世界是个不可分割的整体” 这一观点。

 D 在进行高温洗涤或甩干程序时, 切勿碰触机门玻璃, 以免防止烫伤。

HSK6級公式過去問より

 

 この問題の答えは、Dです。その理由は、以免防止烫伤では「火傷を防止しないように」という意味になるため、防止を消して「以免烫伤」にすると正しい文章になります。

 日本語訳

 A 多くの平凡に見えるものは逆に無限の神秘を隠し持っている。

 B そこへ行ったことのある者だけが、このような素晴らしい感覚を真に体得することができる。

 C 彼は前書きで系統的に「世界は分割することができない」という観点をはっきりと述べている。

 D 高温洗浄または脱水の段階の時には、火傷をしないように、くれぐれも機器のドアガラスに触れないでください。

 この10問は本当に難しくて、ネイティブスピーカーでも間違えてしまうくらいのレベルです。ただ、この10問を全て捨ててしまうと8割以上が狙えなくなってしまうため、対策は必須です。解説を見て、何が間違っていて、正しい言い方は何かをしっかり理解することが大切だと思います。

 あと、試験の本番ではこの10問を後回しにするやり方をオススメします。高得点を目指しているほどこの10問で時間を取られてしまったら最後まで解き終わらないという事態に陥ってしまう可能性があるため、まずは後半のリーディング問題を解いてから最後にこの10問を解くといいと思います。

 他の部分は大して難しくないのである程度過去問を解いていれば大丈夫だと思います!大切なのは問題文を深読みしすぎないことです。なぜなら、答えは必ず問題文に書かれているからです。

ライティング(写作)

 そしてライティングですが、私自身このライティングの対策を怠ってしまい、本番で思うような点数を取ることができませんでした…

 ですが、普段から文章を書く癖をつけておくといいと思います。文章を書いて、それをネイティブの友達に見てもらったりするといいと思います!私はいつもHelloTalkのタイムラインで自分の書いた中国語を添削してもらっています!

 ライティングは10分間文章を黙読してそれを400字程度で要約するという内容です。内容もかなり難しいので、まずはこの10分の間に、①文章を理解→②主人公の名前、キーワードを覚える→③それを忘れないように頭でイメージする→④そしてライティングが始まったらすぐにキーワードを書き留めておくことが大切です。

 この10分間が終われば問題文は回収されてしまうため、あとは記憶を頼りに書いていくことになります。あと、文章のはじめにその内容のタイトルをつける必要があります。つけ忘れている人も多いみたいで、これがどれくらい点数に影響するのかはわかりませんが…

 さらに注意するべきなのは解答用紙にはマス目があるため、一度間違えてしまうと全て消して書き直す必要があることです。そのため、焦らずに一度構成を頭で練ってから書き出すといいと思います。

オススメの参考書

 それではオススメの参考書を紹介します。まずはこの青色の公式問題集です。これはマストです。5回分の問題が掲載されているので、テスト前に少なくとも3回分は解いていくといいでしょう。少し残念な点は解説が簡潔すぎる点ですが、それでも十分だと思います。

↓アマゾンでも購入可能です

 オススメは、同じ問題を何度も繰り返して行うことです。理由は、ただ単に数をこなすより効率が良いからです。同じ問題を解くことで単語や表現を復習できます。(せっかく覚えても2週間もしたら忘れてしまいますからね)

 そして、6級には成語が頻出なので、成語の参考書として「HSK成語用法」という本をオススメします。これは本当に使い勝手が良く、成語の使い方、例文が丁寧に掲載されている点が魅力的です。台湾の友達にも聞きましたが、ここに載っている成語のほとんどが日常会話や普段の生活でもよく使うものなので、覚えていて損はないと思います!

↓アマゾンでも売っています

 単語帳も売っていますが、どうしてもHSKに向けて語彙力を強化したい方はこちらの単語帳がオススメです。

 そして中国で買うことができる上海外語教育出版者が出版している参考書もオススメです。解説は全て中国語で、中国の書店、そしてタオバオなどのネットショッピングで購入することができますが、日本から買えるかは不明です… (中国で留学されている方はオススメです!)

台湾で中国語を勉強されている方

 私もそうなのですが、台湾で繁体字の中国語を勉強している方も多いかと思います。ただ、このHSKは全て簡体字なので、それに慣れるまでに時間がかかると思います。台湾華語のテストもありますが、これはあまり知名度が高くないので、やはり就職活動などで資格を取得したい方はHSKを取ることをオススメします。

 中国語を必要とする企業でもHSKの取得が一般なので、簡体字+中国本土の発音は難しいと感じるかもしれませんが、それでもHSKを取得する方が良いと思います。

1年留学に行けばそりゃ余裕でしょ?

 よく、1年間も留学に行けばそりゃ喋れるようになるでしょ。などという声を聞きます。私はこれは大きな間違いだと思っています。確かに留学は言語能力を高めることができる環境が整っているとは思います。ただ、受身の姿勢では絶対に言語能力を向上させることはできないです。これは中国語に限らず、英語でもそうです。

 留学に行けば、努力しなくても勝手にペラペラ話せるようになることは絶対にありません。大切なのは留学という絶好の機会を生かしてその言語を毎日使い、友達を作り、異文化を理解することなのではないでしょうか。

 楽をしたければ毎日日本の友達と話すことだってできますし、それならただの旅行の延長です。これから留学を考えている方はなぜ留学に行くのか?」「留学を通して何を得たいのか、具体的な目標を立てることが大切だと思います!!

 私も留学前は全く中国語が話せませんでしたが、留学では「中国語を流暢に話せるようになること」「HSK6級に合格すること」を目標に勉強を続けました。もちろんまだまだ下手くそはありますが、留学前の自分と比べると、留学を通してかなり上達したと感じています。留学についての記事はまた別で書こうと思います!

今後の目標

 今回はHSK6級の勉強方法、オススメの参考書などについての記事を書きました。私はもう一度しっかり勉強して、次は中国語検定準1級、そして最終的には1級を目指したいなと思っています。それ以外にも、同時通訳ができるようになりたいです。それには今まで以上の努力が必要になってくると思いますが、中国語の勉強は本当に楽しいので、これからも頑張りたいと思います!

 今回の記事が少しでも多くの方の参考になれば幸いです!最後まで読んでくださって、ありがとうございました!謝謝!

ABOUT ME
げんぼー
大阪出身の20歳大学生です。大学から中国語の勉強を始め、1年生の夏休みに中国の蘇州へ短期留学をして、台湾の大学へ1年間交換留学をしました。 旅をすることが好きで、台湾本島一周や中国大陸横断ひとり旅なども経験しました。このブログでは、台湾の情報について主に紹介していこうと思います!少しでも読者さまにとって有益な記事を書けるように努めたいと思います!趣味はプロ野球観戦と写真撮影です! インスタグラムでは中国語話者向けに日本語を、日本人向けに中国語を教えるアカウントを始めました!よければそちらもご覧ください! @genbo_japanese HSK6級/TOEIC850点/英検準一級