中国語学習

台湾でも日本語の本は買える?台北の紀伊国屋書店への行き方、お得な情報について

 こんにちは、げんぼーです。旅行の際はあまり必要ないかもしれませんが、留学に来ている方や頻繁に出張に来られる方なら台湾で日本語の本を買いたい時がきっとあると思います。

 私も日本からもっと本を持ってこれば良かったな、と少し後悔していますが、嬉しいことに台湾にも日本語の本を取り扱っている書店があります!!

 日本でも頻繁に訪れる紀伊国屋書店が台北に2軒、台中に1軒、高雄に1軒あります!!(ジュンク堂もあります)

 その中でも今回は最も豊富な品揃えを誇る、紀伊国屋書店台北微風店をご紹介したいと思います!!

紀伊国屋書店台北微風店の特徴

 紀伊国屋書店台北微風店は、微風廣場というショッピングモールの5階にあり、フロアの全てを占めているのでかなりの広さがあります。(行き方は後で解説します)

 総書籍数は20万冊を超え、その半分ほどが日本語の書籍だそうです。台湾なので中国語、英語の本も当然ありますが、間違いなく台湾で最も豊富な日本語書籍を取り扱う書店です。そのため、客層は日本人が多いのですが、台湾人のお客さんもとても多い印象を受けます。

 どのような本が販売されているかというと、一世を風靡した映画「天気の子」の原作であったり、芥川龍之介や川端康成などの日本の文学、漫画、ガイドブック、ビジネス本、さらにはTOEICの参考書や、中国語の参考書までとにかく幅広いジャンルの書籍が取り揃えられています。

 中国語を勉強されている方は同じような経験があるかもしれませんが、台湾の一般的な本屋さんにはHSKの参考書がない場合がほとんどです。そのため、HSKの参考書の取り扱っている(しかも日本語の)紀伊国屋書店はとてもありがたいです。

この2段が中国語の参考書でした。

 私は今回、日本語で書かれたTOEICの参考書を買いたかったためここに探しに来ました。(今度台湾でTOEICを受けます)最初はもし売られてなかったらどうしようかと不安でしたが、その心配は無用でどれを買おうか迷うくらいの種類が売られていました。

 (英語や中国語だけではなく韓国語を学ぶための参考書も売られていました!)

 残念なことに、日本で買うより少しお値段は張るのですが、この本屋さんは台湾に住んでいる方にとってはとてもありがたい存在となっています。

 どれくらい高いかと言いますと、日本円で2300円(税別)の本が989元(およそ3500円)くらいです。約1000円ほど値が張ってしまうのですが、長期に渡って台湾にいる方は目をつむっても仕方ない額なのかなと思います。

 ちなみにですが、この紀伊国屋書店のすぐ側にはカフェが設けられていて、買った本をすぐに読むことができるのも魅力です。

ポイントカードについて

 台湾の紀伊国屋書店にはポイントカードがあります。発行には500元の年会費がかかってしまうのですが、一度作ると発行日から1年間、日本語の本は全て1割引になります。これは結構お得だと思います。ただ年会費が少し高いのと、このポイントカードは日本では使えないので、よほど頻繁に来られる方以外は考える必要があるかなと思います。

 ポイントカードの申し込みは、この用紙に必要な要項を記入するだけです。ただ、住所や電話番号を書く必要があるので、台湾に在住している方でないと作れないと思います。

 会員になると、割引セールをしている時に手紙が来たり、様々なお得な情報を向こうから知らせてくれます。

 *紛失した際は50元の再発行手数料がかかるそうです

本の予約

 店頭に並べられてなかった本は取り寄せをすることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

地図、住所、電話番号、営業時間

 紀伊国屋書店微風店

 住所:台北市松山區復興南路一段39號 (微風廣場5F)

 電話番号 02-2721-2304

 営業日:年中無休

 営業時間:日曜日~水曜日11:00~21:30、木曜日~土曜日11:00~22:00

 微風店以外の店舗の住所はこちらになります。

台北天母店: 台北市士林區忠誠路2段55號
(大葉高島屋12F) 

 電話番号: 02-2832-0406

 営業時間: 日曜日〜木曜日 11:00 ~ 21:30 金曜日、土曜日 11:00 ~ 22:00

台中中港店: 台中市西區臺灣大道二段459號
(廣三崇光百貨公司12F)

 電話番号: 04-2329-3086

 営業時間: 月曜日〜金曜日 11:00 ~ 22:00 土曜日〜日曜日 10:30 ~ 22:00

高雄漢神店: 高雄市左營區博愛二路777號(漢神巨蛋購物廣場6F)

 電話番号:07-552-8292

台北微風店への行き方

 それでは台北微風駅への行き方を画像付きでご紹介したいと思います。と言ってもとても簡単なので説明するまでもないのですが..

 最寄駅は忠孝復興駅か南京復興駅になります。2つの駅の丁度真ん中にあるので、便利な方を選んでください。

 今回は忠孝復興駅からの行き方をご紹介します。

 まずは5番出口を目指します。

 5番出口を出ると、こちらの方向に向かってずっと歩いて行きます。

 5分ほど歩いて横断歩道が見えたらもうすぐです。

 少しわかりにくいのですが、右手に微風廣場というショッピングセンターがあるので、そこに入ります。

 エスカレーターかエレベーターで5階まで上がると到着です。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。台湾に旅行に来る方にはあまり縁のない存在かもしれませんが、台湾に住んでいる方にとって日本語の書店の存在はとてもありがたいものだと思います。

 店員さんもとても愛想が良くて優しい方が多かったので、是非足を運んでみてください!最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

ABOUT ME
げんぼー
大阪出身の20歳大学生です。大学から中国語の勉強を始め、1年生の夏休みに中国の蘇州へ短期留学をして、台湾の大学へ1年間交換留学をしました。 旅をすることが好きで、台湾本島一周や中国大陸横断ひとり旅なども経験しました。このブログでは、台湾の情報について主に紹介していこうと思います!少しでも読者さまにとって有益な記事を書けるように努めたいと思います!趣味はプロ野球観戦と写真撮影です! インスタグラムでは中国語話者向けに日本語を、日本人向けに中国語を教えるアカウントを始めました!よければそちらもご覧ください! @genbo_japanese HSK6級/TOEIC850点/英検準一級