台湾

幻の牛肉麺?台北車站(台北駅)で1番有名なオススメの牛肉麺屋さん、「劉山東牛肉麵」をレビュー!!行き方も解説します。

 皆さんこんにちは、げんぼーです。台湾に来たら必ず食べるべき、台湾を代表する食べ物である「牛肉麺」ですが、台北だけでも数え切れられないほど多くの牛肉麺屋さんが存在します。

 そこで今回は台北の中心地、台北車站(台北駅)のすぐ近くにある幻の牛肉麺屋さん、「劉山東牛肉麵」についての記事を書きたいと思います!!行き方や注文方法まで詳しく解説していきます。

お店について

 この「劉山東牛肉麵」の店舗は、台北駅から少し歩いた一見誰も寄り付かないような路地裏にあるのですが、毎日たくさんの行列を作っている超有名店です。客層は台湾人だけかと思いきや日本人、韓国人といったアジア系の顔ぶれやヨーロッパ系の顔ぶれもチラホラと伺うことができます。外国人観光客からも根強い支持を寄せる、台北で最も有名な牛肉麺屋さんといっても過言ではありません!!

 さらに、このお店は台北ミシュランガイドに2年連続で(2018、2019年)選出されるほどの実力を兼ね備えている名店なんです!

看板メニューと注文方法

 こちらの看板メニューは清燉牛肉麵、紅燒牛肉麵です。どちらも150元となっています。

 メニューはこんな感じです。表側の2つの牛肉麺が目玉となっています。行列ができていれば、並んでいるときにおばちゃんに注文を聞かれます。その時にメニューを見せてくれるので安心してくださいね。お支払いはここではせず、牛肉麺が運ばれてきたときに払います。

 どちらもオススメですが、今回は清燉牛肉麵を食べることにしました。

 本日は夜6時頃に来たのですが、すでにかなりの行列ができており、すでに限界近くまでお腹を空かせていたので、並ばずに他の店に行こうかなと思ったりもしましたが、人が並んでいるものにこそ魅力を感じるのが人間の本能です。仕方なく並ぶことにしました。ただ、予想していた1時間を大きく下回る、およそ20分で店の中に案内され、注文後10分ほどで頼んだ牛肉麺が来ました。合計30分ほどの待ち時間で幻の牛肉麺にありつくことができました。

 見てください、この黄金に光り輝く濃厚なスープと大量の分厚く切られた牛肉を。写真からでもその美味しさが画面越しに伝わってきますよね。注文してから料理が来るまでの10分間、空腹の限界をとうに過ぎている私の胃はもう悲鳴を上げていました。周りの人たちが美味しそうに麺をすすっている姿を見ることより辛い時間はこれ以外にありません。彼らの姿は絶対に見ないでおこう、と心に誓い携帯を触りはじめますが今度は鼻からの誘惑に負けそうになってしまいます。ああ、もうダメだ。我慢の限界…

 その時、おばちゃんが私の牛肉麺を持って来てくれました。本当に私のですか?と思いましたがおばちゃんは確実に私のテーブルに牛肉麺を置いたので、私は張り詰めた心が一気に軽くなった気がしました。

 牛肉麺が来た瞬間、想像していたより30倍は輝いている姿を見て、まだ一口も食べていない私はすでにこう思いました。「ああ、幸せ。」

 料理が来た途端に空腹のことなんてすっかり忘れて今度はその姿をカメラに収めたいと思うのが人間の心理。何度も角度を変えて写真を撮る姿に呆れ顔でこちらをチラチラと見てくる恐らく日本から来たであろう方の視線に気づいているフリをしながらも、彼と同じ日本人であることは決してバレたくない。と思いながらシャッターを切り続けました。

 そしてようやく一口目。まずはスープを口に運びます。味覚を司る舌からその旨味情報が一瞬で脳に伝えられ、「う、うまい。」とつい母国語が無意識に飛び出てしまいました。危ない危ない、隣の日本人の方に同じジャパニーズであることがバレてつまらない親父ギャグでも聞かされたら牛肉麺に全神経を集中させることができなくなる。と勝手な妄想を膨らませつつ、二口目、三口目と進めていきます。

 そういえば行列に耐え抜いてやっとのことでありついた一口目のスープは何でこんなに美味しいんでしょう。日本でもこのような経験はありますよね。行列に並んで食べるラーメンほど美味しいものはないですよね。

 さて、スープの味はとても濃厚で、牛肉から滲み出たエキスを存分に味わうことができ、油の味もよく感じられました。ただ、全体的に少しあっさりしているスープだったので、卓上に備え付けられている辛いソースを足してもOKです。私もソースを2度足し、そのためスープは一瞬で赤く変貌を遂げましたが、ピリ辛と化したスープの方が口の中での刺激がより一層強く、個人的にはオススメです。

 そして麺ですが、実は細麺と太麺を選ぶことができます。今回は太麺にしたのですが、細麺がいい方は注文を聞かれる際に、「細的(シーダ)xìde」太麺がいい方は「寬的(クアンダ)kuānde」とおばちゃんに伝えてください。何も言わなければ基本的に太麺にされます。

 太麺なのですが、日本のうどんと食感がかなり似ています。うどんの食感が苦手な方は細麺にすることをオススメします。

 さて、このようにして5分も経たずにスープまで完食しました。私の拙い食レポにお付き合いいただきありがとうございます(笑)まあつまり、一言でこの牛肉麺を形容すると「美味い」ということです。

 台北に来たら是非このお店を訪れてみてくださいね。それではこの劉山東牛肉麵への行き方を詳しく解説したいと思います。

行き方

 「劉山東牛肉麵」

 住所:台北市中正區開封街一段14巷2號

 台北駅4番出口「新光三越」を出て徒歩5分

 営業時間:8:00~20:00

 定休日:日曜日

 電話番号:02-2311-3581 (台湾以外からかける場合は+886-2-2311-3581)

 それでは、台北駅から歩いていく方法をご紹介します。徒歩で5分もかからないのでアクスはとても便利です。まず、台北メトロの台北駅構内の看板を目印に、4番出口「新光三越」を目指します。この出口から行くのが一番分かりやすくて簡単です。

 この出口を目印に向かっていくと、駅の地下街に辿り着きます。

  この地下街は近くの臭豆腐屋さんの強烈な匂いが常に蔓延しているので注意してください。

  ここです。4番出口を出て階段をのぼると、新光三越デパートの前に出てきます。

 ここをマクドナルドの方面に向かって直進してください。

 この道をユニクロ方面に歩いていきます。この辺の交差点は交通量が多く、バイクがとても多いので本当に注意してください。

 吉野家が左奥に見えるここの交差点を右に曲がります。

 そのまま直進していくと、COCO壱番屋とセブンイレブンが見えてきます。この方向にもうしばらく歩いてください。あと少しで到着です。

 ここを右折して路地裏に入ります。

 奥に何やら人影が見えますね。

 そうです、これが牛肉麺屋さんに並んでいる行列だったのです。

 黄色の看板が目印です。無事に辿り着けましたでしょうか?

まとめ

 いかがだったでしょうか?今回は台北駅の近くにある幻の牛肉麺屋さん「劉山東牛肉麵」をご紹介しました。ここのお店は本当に人気でいつもたくさんの人が行列を作っています。行列を避けたい方は混雑する時間帯(昼ごはん、夜ごはんの時間)を避けてみることをオススメします。ちなみに、夜8時には閉まってしまうのでできれば早めの時間帯に行ってください!日曜日は定休日です。

 最後までご覧いただきありがとうございました!!

ABOUT ME
げんぼー
大阪出身の20歳大学生です。大学から中国語の勉強を始め、1年生の夏休みに中国の蘇州へ短期留学をして、台湾の大学へ1年間交換留学をしました。 旅をすることが好きで、台湾本島一周や中国大陸横断ひとり旅なども経験しました。このブログでは、台湾の情報について主に紹介していこうと思います!少しでも読者さまにとって有益な記事を書けるように努めたいと思います!趣味はプロ野球観戦と写真撮影です! インスタグラムでは中国語話者向けに日本語を、日本人向けに中国語を教えるアカウントを始めました!よければそちらもご覧ください! @genbo_japanese HSK6級/TOEIC850点/英検準一級